RIPRAP Lure Shop

About Owner

fishing is one of the most popular sports

 

The history of RIP RAP

幼少の頃から 兄貴に連れられて 琵琶湖でバス釣りを覚える。将来の事を真剣に考える年頃になり 京都 フリーポート店(北川系列) に従事する。勤務中に 様々な人と知り合い ロッド 釣り竿の修理業務を独自で習得する。そして数年がたち不運にも 勤務先が突然の倒産。2003年4月12日 かき集めた わずかながらの資金で 滋賀県 栗東市に “LURE SHOP RIPRAP(リップラップ)” 店をオープンする。*リップラップとは基礎工事の土台となる石積みの事で 土台の石がしっかりとしていなければ 物事は上手くいかない、成し遂げれない という意味が込められている。それなりのお客さんにも恵まれ 年間ロッドカスタム&修理は 1000本以上をこなす。2011年 2月 滋賀県草津市 (現住所) に店舗を移転する。それから 6年がたち 2017年 4月 悲願の オリジナルブランクス で設計した 自社ブランドロッド “WEED MASTER ウィードマスター”  をデビューさせる事となる。

 

About Owner

岩嵜(イワサキ)と申します。私は気持ちだけで進んできた人間です。「釣りが好き」「沢山の魚を釣りたい」と言う思いだけで、ここまで進んで来ました。次なるステップとし、琵琶湖に特化した竿『ウィードマスター』を製作し、年齢と共に増す素直さを持って、このウィードマスターと共に成長して行きたいと思います。

2017年4月1日